そば打ち愛好家をネットで結ぶ

NPOそばネットジャパン

(特定非営利活動法人そばネットジャパン)
 
 ジャパンとは  交流事業 地域文化の継承 ・地域活力の向上 そばづくりスト
技能検定 
そばづくりスト
そば学検定 
そばロスZERO  入退会  会員のページ 
 令和元年度までの事業等については NPO法人そばネット埼玉のHPをご覧ください。  http://www.sobanetsaitama.com/
  8月8日交流事業第1回ソバ栽培体験プログラム1日目、種まきが行われました。
桶川市の圃場は晴れ渡り、コロナと熱中症に配慮しながらも無事修了しました。詳細はこちら
   8月22日、西部蕎麦連主催,NPOそばネットジャパン後援で狭山市北入曽の圃場でソバ栽培体験事業が開催されました。
7歳のお嬢さんの鍬入れも上手です。詳細はこちら
 蕎麦春秋
com
更新状況
 年月日  更新内容 年月日   お知らせ
2020.9.5   「うれしいそば打ち」紹介    
2020.9.3   第3期指導者養成講座受講募集開始    
2020.8.15   そば打ちマスターズ大会出場者通知    
 2020.8.9  ソバ栽培体験往路グラム1日目報告    
2020.7.28   書籍等紹介ページ新設    
2020.7.19   段位認定者名簿更新    
2020.7.13   第173回理事会議事概要    
2020.7.16   西部蕎麦連ソバ栽培体験事業    
 2020.7.11  第1回そば栽培体験プログラム    
2020.7.11   令和2年度交流事業計画    
2020.7.3   会員状況更新    
2020.6.29   第2回全日本そば打ちマスターズ大会    
    NPOそばネットジャパンの新たなるページの始まりに当たり

NPOそばネットジャパン
会員の皆様へ

                  NPOそばネットジャパン
                   代表理事 阿 部 成 男

 今日は令和2年4月1日、15年間会員の皆様と大きく築き上げてきた「NPO法人そばネット埼玉」から「NPOそばネットジャパン」への新たなページの始まりです。
 本来、桜花爛漫の中で華やかなオープニングとなるはずですが、新型コロナウィルス感染の猛威は、今や全世界に拡大し地球規模での対策に追われている状況です。
 特に首都圏では感染者数がうなぎのぼりで、首都閉鎖も現実味を帯びてきて、子供から大人まで自宅待機を余儀なくされています。
 巷では、自宅待機で普段家にいない子供や夫が一緒になることでDVなどの騒動が起きていることなどが話題になっていますが、「小人閑居して不全をなす。」なんてことにならないようにしたいものです。某新聞のコラムに「かつて宇宙ステーションにいた米国の宇宙飛行士スコット・ケリー氏が「宇宙で1年暮らすような心構えが必要だと言い、とにかく日課を決めること、決まった時間に起き、決まった時間に寝ることだ。」と掲載されています。
 私はおかげさまで、毎日、ジャパン始動の準備に追われているので大丈夫と妻に威張っていますが(空威張りにすぎないか)、皆さんはいかがですか?

 3月に、三段位埼玉認定会を中止、会員対抗選手権大会を延期、指導者養成道場も休講として収束に向かうことを期待していましたが、日本もその猛威は治まらず、国の非常事態宣言の時期が話題になるほどで、私たちのそば打ち活動は所謂「濃厚接触」の分類になるもので、しばらくは感染拡大を防止することに努めていかなければなりません。
 しかしながら、収束に向かうことになれば直ぐにでも始動できるように準備を進めておく必要があります。
 NPOそばネットジャパンの発展構想については、評議員会、臨時総会で提示させていただいておりますが、その事業内容等を基本に、理事会において具体的な計画としてまとめており、その概要を広く周知するためのパンフレットの作成を進めているところでございます。
 この時期でもあり、メールを活用した理事会でなんとかまとまり、来週には全会員や関係者に配布できる予定となっております。
 また、スタッフジャンパーでも使用して長年親しまれてきたシンボルマークも同じ作成者に依頼して5案いただき、理事会で採用したのがこのページの上部の2つのシンボルマークです。
 左は今までのマークのイメージを踏襲して、シンプルで国際的にも通用するものとして、主にスタッフジャンパーやグッズに適しています。右は、「交流」・「地域活性」・「手打ちそば伝道師」のそばネットジャパンの主要事業を3つの輪として重ねたもので、「人の輪が重なり、中心にハートが浮かぶイメージ」です。
 この2つを用途に合わせて使い分けますので、末永く親しんでいただければ幸いです。
 このシンボルマークは現在商標登録の手続き中です。

 これから始まるNPOそばネットジャパンとしての事業の推進ですが、既存事業については継続して実施し(もちろんジャパンとして発展させて)、新規事業については皆様に提示した改革案に沿って事業化を進めてまいります。
 しかしながら実施時期については、事業の内容により準備に一定の時間を要するものや、新型コロナウィルスの収束状況の見通しが不透明な部分もあります。
 先ずは、今できるところから進めており、先月ご案内しました「そばづくりスト技能検定段位」の「会員特例編入」につきましてもおかげさまで100名を超える申し込みがあり、認定証の発行事務を進めているところでございます。
 指導者者養成道場も新たに衣替えして5月から講座を開始するなど順次始動してまいります。
 今後ともこのHPやメールできめ細かい情報を皆さんに伝え、またご意見をいただきながら事業を実施してまいりますのでよろしくお願いします。
 一日も早くこの事態が収束に向かい、来月の会員対抗選手権大会などでみなさんと笑顔でお会いできる日を役員ともども楽しみにしております。

令和2年4月1日